×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


MAZDA Roadster

Modify manual

4輪アライメント

4輪アライメントなるものをやってみました。
少し前にリアのトーインをめいっぱい
つけてみたのですが、実際どれくらいになったのか
気になっていたんです。

で、タイヤ交換ついでにアライメントも取ってみる事にしました。


費用:測定、調整込み 19800円
計測機: BOSCH(だと思った)

ちなみにシルビアに乗り換えました
うそ、昔、知らない人のを撮ったやつです。
今回はぜんぜん写真は撮っていません。

まづは機械の設定を行います、基準値を検索するためです。

ところが!!

車高を入力するところで突っかかってしまいました
実測値を入力しても機械が受け付けてくれません
そうです、車高短にしているため基準値が出てこないのです。
まぁそんなことはどうでもいいことなんですけどね、
どうせ基準値にしようなんて思ってないですから。

ちなみに基準値は

フロント
トータルトーイン  3±2mm
キャンバ角      0度02分±45分 (0.03°±0.75°)
キャスタ角      5度40分±45分 (5.66°±0.75°)
キングピン傾斜角  11度39分 (11.65°)

リア
トータルトーイン  3±2mm 
キャンバ角     −0度42分±45分 (0.7°±0.75°)

早速現在の状態を測ってもらいましょう


結果これ

フロントのトーがメッチャトーアウトになっています

車高短にしてそのままだとこんなになってしまうらしい。
ネガキャンでこんなにトーアウトつけたら内減りしてしまいます。
 
リアのトーインは・・・
13.5mm!!うぉーこんなについてるのか〜
まぁこれは予定通りです、調整範囲めいっぱいつけましたから。

他は思ったほど変な値にはなっていませんでした
左右差があまりないのでこのままでも良かったかもしれません。


といってもせっかくなので調整してもらいましょう。
で、どうするかと言うと、
基本的に現状を崩さないように、左右を合わせる感じにしてみました。

前後キャンバー −2度
フロントトーイン0mm
リアトーイン12mm

キャスターは店の人曰く 「このままでいいでしょ」 と言う事でこのままです

ホントかよ!!

で、調整後がこれ
まぁとりあえすはこれでいってみましょう。
 

実際乗ってみると

うぉ〜〜〜 いきなりリアが流れ出す〜〜〜

そりゃそうだ、交換したてのタイヤは滑る滑る、
危険極まりない。

で、本題
アライメントの効果は・・・
 
はて、なにが変わったんだろうか???
わからない・・・

いつもの山道に行ってみる
わからない・・・
 
こんなもんか?

こんなものでしょう

こんなもんだ!!

納得しよう。

ちなみにタイヤはAZENIS ST115
サイズは195-50-15(ノーマルサイズです)
このタイヤ、どうもフロントからのインフォメーションが無いんです
山道走っているとちょっと怖いです。
リアはいい感じでグリップしているようです
流れ出してもさほどスキール音がしないのはいいですね

ハイグリップタイヤの証です!!??

 
あと最近気になっていたのですが、どうも車高が若干下がってきているようです
で、測ってみると・・・

フロント:1mm?
リア:5mm
ほど落ちています・・・

いい感じです!!

(右写真=バネカットした当時の写真)
左から
ノーマルリア → カット後リア →ノーマルフロント → カット後フロント


 
過去
現在
リアはあと10mmほど落ちてくれるとかっこいいんだけどなぁ

師匠の一言

早速 TC1000走行会がありましたね

アライメント調整のおかげで どれだけハンドリングが良くなりました〜?

クックック
その結果は こちら!

そうそう、車高が気になるなら ハヨ車高調買いなさい!



Car - Modify - Circuit - other //  Bike  // Top