×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



T w i n S t e r

m o d i f y

室内ブレーキランプ


室内にブレーキランプを付けてみましょう。

なぜ って?
車載カメラでブレーキのポイントを確かめるために
つけてみようかなぁ と。



r e p o r t
まづ第一弾
ルームランプ用の電球が余っていたので
これを使いましょう。
電球に赤ビニールテープを巻いて
電線をハンダでじか付けして・・・
シガライター横の小物入れの奥に設置します。
配線は
ブレーキペダル付け根のスイッチのコネクタから分岐
このコネクタの黄緑側の線から分岐させ
反対側はボディに落としてアースします。
配線図(イメージ)はこんな感じ
赤線が今回の追加分。

でもこれ、電球がかなり熱をも持つんです
ず〜っとブレーキ踏んでると煙が出てきます
これはやばい。
しかも小物入れの中だと
シフトレバーに隠れて見えません
はっきり言って大失敗です。


で、第二弾

先ず 発光部を変えます
これLED(発光ダイオード)です
ドイトで仕入れてきました。
3ヶ入りで、抵抗との組み合わせにより
3Vから12Vまで対応します
詳しくは説明書を見てください。
当然クルマは12Vなので12Vの設定で組み合わせましょうね。
そして設置場所も変えます

壊れたデジタル時計をケースにします
せっかくなので基盤も使っちゃいましょう。
LEDと抵抗を組み合わせ、はんだ付け
ランプに日光が当たらないように
ケース奥の方へLEDをセットして
こんな感じになりました。
i m p r e s s i o n


いかがでしょう。



これを助手席の足元横に両面テープで貼り付けます
LEDの光は指向性あるので、光軸をカメラの方へ向けて
こんな感じ


実際に使ってみると
結構いい感じです、しかし
本当のブレーキランプよりも一瞬早く点くようです、
が、そんなことは気にしません。
また、ブレーキ踏力まではわかりません、
本来ならばドライビングモニターを使うのが正統なのでしょうが
そこまでしなくても・・・
と言う方にお勧めです。

最後に注意点をひとつ
LEDには極性(+、−)があります
逆接続すると一発でおしゃかになってしまう事がありますので
結線には十分注意しましょう。




師匠の一言

なかなか良い感じでしたよ
自作したとは知らなかったな なんかの流用かと思っていたよ

サンプルビデオにも写っているはずなんですが
画像が悪くて認識できないのが残念ですね


H O M E  /  m o d i f y  /  c i r c u i t  /  r a c e  /  o t h e r