×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



T w i n S t e r

r a c e

FSW ジムカーナコース

2004 YRS ショートオーバルレース 初戦

2004/6/13



6月13日、FISCO ジムカーナ場
とうとう始まりました

日本初 ショートオーバルレースの開催です!





「YRSオーバルレースFISCO」とは
ユイレーシングスクールで開催される 日本初のショートオーバルレースです

「ショートオーバル」とは 名前の通り 「短い長円形」
長円形をクルクル回って順位を競う オーバルレース縮小版です

ショートオーバルは アメリカでは日常的に行われているそうです



本日は残念ながら天気予報通り雨
はずれると思ったのになァ

でも天気予報では午後から晴れ、当たってくれないかなァ



今回、「ロードスタークラス」は18台集まりました
これはナカナカ厳しくなりそうです



レーススケジュールは下記のとおりになっております

1:練習走行 3分?×2本
2:予選 2周
3:第1ヒート 6週
4:第2ヒート 8周
5:第3ヒート 10周
6:ファイナルレース 16周

結構走れますね



練習走行

実は今回、弟子対策?として「ネオバ」を履いちゃました・・・へへへ
だから ネオバの限界をチェックしなくちゃならなかったんです
練習走行があって良かった!

雨のネオバってすごいっすね
想像を遥かに超えてました

タイムは「15.6」
ドライのギューンの0.5秒落ちです!



予選

クリアーラップ 1周
タイム計測 2周
クーリングラップ 1周
スピンしたら NO TIME・・・

これはナカナカ厳しいルールです
テールなんぞ流したら タイムはガタ落ち、 しかもスピンなんぞしようもんなら最後尾
失敗は許されない 今のF1に匹敵する過酷さです!
どうしても 1歩引いた走りになっちゃいますね

しかし気合一発! 予選トップ通過です!!!

タイムは「15.798」
予想通り 練習走行よりは タイムダウンでしたね



そして弟子のタイムは「15.932」

おいおい、ビモードで「0.134」しか変わらないのかよ
しかも予選2位・・・


やっぱりコイツは あなどれない・・・



第1ヒート

第1ヒートは変則式です
タイムの良い順から「A,B,C,D,A,B,・・・」とチーム分け
1チーム4〜5台で戦います
なぜそうするかと言うと いろいろな人とレースを行えるようにとの
主催者の配慮です

グリッドはインバート方式、タイムの悪い方がポールとなります
なので俺は5番目 最後尾イン側からスタートです

1、2、3台は それなりにパス
しかし最後の1台が抜けない・・・

アウトからかぶせて立ち上がりでは前に出るんだが コーナーで追いつかれ・・・

最終コーナー立ち上がりで ゴールに鼻先突っ込んでナンとか1位
オーバルの場合、0.5秒くらいの差なら 接戦になりますね




第2ヒート

今度は予選タイム順に並んでスタートです
これなら余裕で逃げきりだ!・・・

ところが、全然逃げきれないぞ???
予選のときと比べると 確実にブレーキを踏んでいる時間が長いんです
でも 怖くて無意識にブレーキを踏んじゃうんです
バッターボックスに選手が立つと ノーコンになるピッチャーの心境と似てるかも

これぞオーバルマジック!!!
精神的なものが かなり反映されちゃいます

最後にまくられて2位・・・

何気に アウト側の方が有利かも?・・・


弟子はイン側で勝ってましたけど・・・



第3ヒート

第2ヒートの結果順に走行です
ん〜・・・ キツイ!

でも、アウト側だから ガンガン行けます
イン側は ハラんじゃならんので結構プレッシャーなんです

そして接戦の末 1位でゴール!!!

やっぱり アウトが有利なのか???

実はイン側は 絶対インベタで走らなきゃ行けないルールなんです
(まだ未熟なので 勉強段階なんです)
(今後は徐々に はらんでも良いルールにして行きたいらしいです)

立ちあがりにアクセルを踏むタイミングがどうしても遅くなるから 不利なんですね?
路面が濡れているから尚更です?


偶然の一致
しろしろしろしろNANANANA

もちろん勝ったのは 白のNA!



ファイナルレース
 
予選タイム順にクラス分け
今度はタイムが均衡しているので 一筋縄ではいきませんね

雨もすっかりやみ ココからは路面もドライになりました

ところでドライのネオバは どのくらいまでグリップするんだろう?
「練習走行 して〜!!!」

と言う願いも叶わず レース開始


トップの俺がローリングペースマーカー
40キロでキープです
アウト側の人が走りずらくないか ついつい気を使っちゃいますね

そして グリーンフラッグでgo!go!go!go!go!


ポールのオイラはイン側です
コーナーに突っ込む
キャキャキャキャ〜!!!!

おぉ!良い感じに走れたか???


イヤイヤ 予選2位の弟子が師匠をいじめています

そして数周
右側に車の陰はなし、チョットは引き離せたのか???

チョット気を抜くと 次のコーナーに入ったとたん 右方にオレンジ色の陰が・・・
 「逃げるどころか まくられそうじゃん!!!」
(右後ろにいる車は確認しづらいんです)

これはヤバイゾ〜、バックミラーを見れば 後続車もへばりついている
これじゃネオバも泣いている・・・

もう 気合を抜く事なんて出来ません
神経集中、ぜって〜弟子にだけは負けられない!


そして数周後、イエローフラッグ
「コースにネジが落ちてて 危ないです〜」

なんて理由らしいが嘘、
レースを面白くする為の擬似フラッグです



そしてローリングから再スタート!

数周してると右から まくってくる車の色がオレンジから白色に

あれ? 弟子は何処行った?何かアクシデントでもあったのか?

なんて心配している暇はありません
ガンガンアウトからかぶせられてますから・・・

「ヤバイ、このままでは負けてしまう」
なんせアウト側有利?なんですから・・・

そこで アドレナリン再投入!

脳みそ フルブーストです!!!


ところでゴールまで後何周なんだ?

すっかり周回数なんて数えていません、知らせてもくれません

入れっぱなしの気合も途絶えようとしている頃

「ゴールフラッグだ!!!」

横を見ながら「ゴール!」

微妙〜〜・・・
鼻先 俺が出てたかな〜?


16週も走ると もうクタクタです

たかが4分 されど4分
オーバルで一番大切なのは「集中持続力」かも・・・



結果

優勝はえっちぃです!!!

ポール トゥー ウィン です 出来すぎです!!!



もう、でっかいトロフィー貰って有頂天!

いえいえ これは貰えません
後日、名前入りの盾が貰えるらしいです
楽しみだ!



そして 弟子は?

5位・・・


随分抜かれたもんだ

どうもタイヤのタレがひどかったらしいです
アウト側の無理なコーナーリングが祟ったみたい

ビモードのせいもあるかな?

だってネオバは全然タレませんでしたもの・・・


恐るべし「ネオバ」



参考
師匠 弟子
日付 6/13 6/13
天候 ウェット ウェット
マシンデータ
車名 NB8C(NB1 RS) NB8C(NB1 RS)
パワー系 アーシング
トルマリン
パワーフロー
Nラムエア
アーシング
プラグコード
イリジウムプラグ



ブレーキ Zger(Sports)
ステンメッシュ
F:プロジェクトμ
R:マツダスピード
サスペンション オーリンズ
車高調
(F10 R10)
ノーマル 
バンプラバーカット
タイヤ YOKOHAMA
ネオバ
トランピオ
ビモード
その他 フルバケ
ロールバー
同左
TIME 15.798 15.932




勝利者インタビュー


勝因はなんですか?

もう 「ネオバ」様様ですね
こんなグリップするなんて もうビックリです
雨なのに流れ出しが穏やかで アクセルもかなり早めから踏めます
ハンドルこじっても曲がっちゃうし・・・

こりゃ 運転が下手になるな



車の仕様は?

私のNBは1800ccなのだ

今回、NBは4台だけでした
NAの1800って乗った事ないんだよな、どのくらい違うのかな?
俺はNBの方が速いと信じています!



オーバルと車の相性は?

6速ミッションの2速はショートオーバルにバッチリ合う!

ドライだと レブリミットに当たる事があります
これ以上ペースは上げられないって事にもなるか?



最後に一言 お願いします

中グリップタイヤで鍛えましょう!

オーバルは車の限界で走りつづけるわけですから
限界の挙動を知っていなければなりません

私の場合、普通の走行会では 常に限界をチョット超えたところで走って遊んでいます
この、車のとっ散らかりそうな不安定さが たまらなく怖楽しいんですね
でもレースでは こんな事 しちゃいけません!

ネオバは レースでは最高ですね!
でも走行会では・・・

それなりに楽しめるかな?





最後に

とうとう日本でも始まったショートオーバル
ただ クルクル回っているだけと思われるでしょうけど ナカナカ面白いですよ


オーバルの良さは

常に接戦!

なのにサーキットより安全!!

(ルールを守る事は前提です)

だから レースを楽しめる!!!

レースをしたという実感も大きい!!!!


さらに レースのマナーも学びやすい!!!!!


サーキットでは ラインをふさがれて 抜きたいけど抜けない状態が多々あります
しかしオーバルは 抜く人のラインも確保されているので 常にガンガン走れます

手軽く レースの感覚を味わいたい人

薦めでですよ!


このレースに出場するには
ユイのスクールを卒業する必要があるんですけどね・・・



おまけ

コチラはNクラスのインパル8さん と 見学者の黄色いロドスタさん
どこかの掲示板に投稿していたのは あなたですか?(笑)
興味が沸いたら 是非参加してくださいね!





次回も頑張りましょうね〜!!!


H O M E  /  m o d i f y  /  c i r c u i t  /  r a c e  /  o t h e r