×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



T w i n S t e r

r a c e

筑波サーキット コース1000

YRS エンデューロ #3 筑波

2007/05/17



同日の朝、誘われるがままにエンデューロに参加することに
車はshuさんのテンロクNB重ステ仕様
メンバーはshuさん+F澤氏+えっちぃの3人
勝利は無理でしょうけど精一杯走ってみましょう

目標は3人の中でトップタイムを出すことですね(笑)




レーススタート
1番手F澤氏、最高のスタート 1位で周回開始
45秒前半で周回、しかも何分経っても抜かれない!!!
shuさんが「表彰台に乗れるかも」欲をかきだしたその時 F澤氏 痛恨のスピン! 
人の車でスピン! 
信じられないぞスピン!!!

しかし2台にパスされたのみ、望みはある


2番手shuさん、
46秒前半で周回 よしよし、
今日の気温が高く湿度のある天候ではそんなもんでしょう


3番手 えっちぃ
予定では45秒前半で周回予定が どうしても45秒後半に落ち着いてしまう
タイムが上がらん、何故だ、何故なんだ〜!
結局ベストタイムはF澤氏でした・・・



4番手shuさん、がんばれ、!!!



結果 5位でした
しか〜し!2位とのタイム差25秒 2時間走って、たった25秒っすよ
もしF澤氏がスピンしなければ
もし俺が45秒前半で周回できていれば
表彰台に乗れていたってこと・・・・

予想外のよい結果ではあるんだが なんかスッキリしない終わり方でした


レースを振り返る


レースの正式タイムが発表されたので 
実際どんな状況でゴールしたのかを調べてみた


絵は 1位のチーム「YRS」(みそっかす)がゴールした瞬間のイメージ図である
いっせいにスタートし 2時間10分45秒後の各車の位置ということ
(位置は適当です)

線上の数値はタイム差です

160周したのは4台
159周が3台

そしてなんと5位の「ワイヤースロットル」は
1位との差が0.5秒でゴールラインをまたいでいた

ゴール寸前で抜かれなければ160周突入していたってこと
そしてその4.5秒後に 我がチーム「Mスピッツ」
これまた5秒前を走っていたら160周である

こうやって書いてみると良く分かる
すごい事が起きていたんだなと
ちゃんと自分達の位置を把握していたら絶対レースが変わっていた
俺たちも160周に突入していたに違いない
改めて悔しくなってきちゃったよ〜・・・

ちなみに俺の平均ラップは46.26でした 思ったよりタイムが出てませんな・・・


H O M E  /  m o d i f y  /  c i r c u i t  /  r a c e  /  o t h e r