×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



T w i n S t e r

c i r c u i t

日光サーキット

AZ−1の勇士



そこそこ長いサーキット人生の中で2回目
久しぶりに雨天に恵まれてしまいました・・・
しかし、5回の走行の中で1回と半分はドライだったので
まだ運が良かったかな?






僕だけの ライン取り解説
(今回は雨天のため 「究極のドリフト」の訓練と化した為 ライン取り解説は×です)
[
(究極のドリフトが出来るようになったかは ヒミツ です


余談

日光サーキットは 走行の勉強だけでなく 地層の勉強も出来るんです






ここからはaz−7さんの久しぶりに出動したAZ−1の特集です


このくるま、ホントちっちゃいです
そんな車に 二人も乗ってるよ・・・




二人乗っても 元気良く走ります






二人乗っても ドリ




ドリドリ!




スッピ〜ン







気を取り直して ズッキュ〜ン




グリップ グリップ




と思ったら コース アウ〜ト








こういう走りをする車じゃないと思うんですけど・・・
ある意味 関心です




参考
日付 2/23 10/26
天候 晴天 曇り
マシンデータ
車名 ロードスター(NB8C) ロードスター(NB8C)
パワー系 アーシング
トルマリン
アーシング
トルマリン
パワーフロー



ブレーキ Zger(ストリート) Zger(Sports)
ステンメッシュ
サス オーリンズ車高調
(コンプリートキット)
セッティング
オーリンズ車高調
(F20 R20)
タイヤ DUNLOP FM901 DUNLOP FM901
(スリップサイン寸前)
その他 フルバケ
ロールバー
フルバケ
ロールバー
TIME 46.781 47.982

備考
AZ−1のラップタイム 48.857

なめてかかると危険です・・・


最後に



今回 走行会自体半年ぶりということもあり
 徐々に感覚を取り戻しはじめたころに雨に降られてしまい
タイムはイマサンでした
まぁ仕方のないことかな なんて自分で自分に言い聞かせています

次回は時間を空けないで走りに行きたいと思っていますが
走行予定なし・・・



自分の腕の限界の近づきも感じられる今日この頃

タイム以外を求めようかな?


もちろんそれは「究極のドリフト」です


「究極のドリフト」とは タイムを落とさずカウンターで決めること!
と、勝手に思っています・・・



「究極のドリフト」練習中
この弱カウンターでコーナーを抜けていく姿

ク〜!!!!

(しかしこのコーナーしか出来ません・・・)


ご報告




かろびん86号

イタリアンレッドになって 復活!


今回はリベンジしませんでしたが 次回はぜひ一緒に走りましょう


H O M E  /  m o d i f y  /  c i r c u i t  /  r a c e  /  o t h e r