×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



T w i n S t e r

c i r c u i t

f e s t i c a

カート


夏休み恒例(と言っても3回目)カート大会が開催されました
レンタルカートと言って侮りなさるべからず、これが結構ハードで面白いのだ
残念ながらこのコースは車では走れません


festika (フェスティカ)
ここは車の走行が出来ない カート オンリーのサーキットです。
レンタルカートがあります。
カートは4サイクル、もちろんオートマです。
走行タイムは一周平均 44秒前後です。



実況中継

最終コーナーをアクセル全開で立ち上がります!

ストレート アクセル全開!空気抵抗を最小に体を小さく丸めて駆け抜けます。
体を前後にゆすると早くなったような気がするから不思議
1コーナーはもう目の前だ、しかしアクセルは抜かない・・・
だって全開で曲がれるんだも〜ん
カートの極意、いかに速度を落とさずスムーズに曲がるか!
コース幅をめいいっぱい使い最大Rで駆け抜けます
流石、全開だと横Gがなかなかです。





2コーナーも実は全開でも曲がれるんです。
カートのスリックタイヤは予想以上にグリップしますよ。
しかし、グリップするタイヤで無理にハンドルをこじるとあら不思議スピードが落ちるんです。
パワーがないからでしょうね だから立ち上がり重視で軽く減速しましょう。
出口ははらまないように、3コーナーがメッチャきつくなっちゃいなす。
3コーナー入り口はコース外のアスファルト部分まで使っちゃいましょう
ここまで使うとキツイと思っていた3コーナーがかなり緩く感じます、
その後のストレートスピードを考えてもちろん立ち上がり重視です

  



ストレートエンドにヘアピンが待っています。流石にここは全開では曲がれません
何処までブレーキをガマンできるか、ケチャップレースの様相
うぅぅぅぅぅ・・・・・ここだ!!!ブレーキと共にハンドルえぃ!けつがきゅきゅ!!
(だぶんけつを振るとタイム的には遅いのかもしれないが醍醐味はサイコー)
一気に方向を変え、アクセル全開、そのままコースの反対側に一気によって5コーナーへ
一瞬アクセルを抜き すぐ全開!やっぱりここも立ち上がり重視、最終コーナーのスピードで次第で
ストレートが変わってきますからね
(実はパワーがないのでストレートはそんなに変わらなかったりするんですけど・・・)

  



最終コーナーはコース幅をめいいっぱい使って速度を落とさないように・・・
と言いたいところですが今回だけは違います
コーナー入り口手前からインによって コースの真ん中当たりで曲がっていきます
だって余裕で曲がれちゃうんだも〜ん
だから走る距離を短くするって寸法です
横Gを受け ハンドルを押さえ込みながら立ち上がっていきます

  




コース一周はこんな感じ
(このコース図は私のフリーハンドなので実際とはかなり違います)


この走りが出来れば”43秒後半”
早いか遅いかは自分で確かめて!

参考 
日付 8/20
天候 晴天
マシンデータ
車名 カート
パワー系 4サイクル
足周り系 ブレーキ  :左足
サスペンション :なし
タイヤ :スリックタイヤ
その他 フルバケ
重ステ
TIME 43秒後半





最後に

カートは「遊園地のゴーカートと変わらないんじゃないの?」思う人も多いはず、
が、しかし、カートはスポーツ言っても良いくらいハードです

F1を連想させる低い目線
風を切るオープンボディー
路面状況がダイレクトの伝わる超クイックなステアリング
コーナーごとに味わう横G
効かないブレーキ!?


行ってみる価値あり!





おまけ
ピットをうろつく かわゆい猫ちゃん
誰にでも餌をおねだり、
ひかれないか心配しちゃいます

H O M E  /  m o d i f y  /  c i r c u i t  /  r a c e  /  o t h e r